花.png

Story

――遠花火――

 淡いオレンジと白い閃光を瞬かせ、最後に蒼い花を咲かす。

近年みられるようになった天文現象を、いつからか人はそう呼んだ。

舞台はどこにでもあるような田舎の学校。

言の葉サークルとよばれる、文芸部と茶道部を合わせたような部活に所属する主人公は、 遠花火が見えた

とある夜、泉の真ん中でずぶ濡れになっている少女と出会う。

少女――ユエナと、言の葉サークル部長、東雲 詩乃との三人で、なんでもない日常を過ごしていくが、

次第にゆったりとした現実に、突如として加速した非現実が迫ってくる。

会えないと思っていた人との出会い、迫る非現実の秘密。世界の■■――。

彼女の手をとることが、やがて世界を変えるのだとしても、ぼくは。

二人がすれ違う一瞬を、永遠にも引き伸ばしたような夏。

あの時間が、ずっと続けばいいのにと、今も空に祈っている――。